小顔矯正で美しさを磨く【顔の印象を決めている要素】

どうして小顔になるのか

医者

原因別に解説

顔が大きく見える原因には「骨格が大きい」「脂肪や水分がつきすぎている」「筋肉が張り出している」などが考えられます。場合によっては複数の原因が重なっていることもあります。これらの原因を取り除けば小顔になれるわけですが、正しい方法を用いなければ効果はないので注意が必要です。エステサロンや整骨院で施術を受けられる小顔矯正は、主に2番目の原因に対応しています。つまり顔面のマッサージで血液やリンパ液の流れを活発にし、老廃物の排出を促進するのが目的と言えます。むくみなどは施術直後に解消されるので、満足度の比較的高い施術ですが、効果はおおむね2?3日しか続きません。また筋肉をほぐしてリラックスさせる作用があるかもしれませんが、筋肉量を減らすことはできないため、根本的な解決にはならないでしょう。骨格の歪みを矯正するという整骨院でも、頭蓋骨を矯正することは不可能と言えます。頭蓋骨は脳を守る必要があるので、ちょっとやそっとの力では動かないようにできています。そもそも大きな骨格を、力ずくで圧縮することはできません。ただし左右のバランスが悪くて不自然な顔つきになっている場合は、整骨院の小顔矯正でも一定の改善が期待できるでしょう。美容クリニックの小顔矯正は、それぞれの原因にすべて対応することができます。骨格そのものが大きい場合には、顎の骨や頬骨の一部を削る手術を行います。多様な術式があり内容は一様ではありませんが、最も確実で半永久的な効果が得られる方法です。ただし入院が必要でダウンタイムも長くなるので、時間や費用に余裕のある方にお勧めします。骨格を削らなくても、脂肪や筋肉を減らすことで意外な効果が実感できる場合があります。脂肪を減らすには脂肪吸引や脂肪溶解注射が使えますし、筋肉を減らすにはボトックス注射が効果的です。顔の脂肪は少量取るだけでも大きな違いが現れるので、脂肪吸引は特に有効と言えます。脂肪を取った後で皮膚がたるんだ場合には、リフトアップなどの引き締め術を用いることもできます。ボトックス注射は筋肉の緊張を和らげる作用があります。噛む力が強すぎて顎の筋肉が発達していると、エラが張って顔が大きく見える場合がありますが、そんな方にはボトックスが効果的です。小顔矯正を受ける前には、顔が大きく見える原因をしっかりと見極めることが大切です。ただし自分では気づきにくい場合もあるので、美容クリニックでカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

Copyright© 2019 小顔矯正で美しさを磨く【顔の印象を決めている要素】 All Rights Reserved.